パスポートの写真をオンラインで作るには?

日本のパスポートや在留カードの有効期限が切れている?それともCOVID-19のパンデミックが終わるまで待てず、マレーシア、カナダ、インド、ベトナムのビザを取得する予定ですか?

新しい書類が必要になると、それに合わせて写真も最低でも1枚必要になります。そして、パンデミックの影響で自宅にいられなくなった今、東京、大阪、京都、横浜、札幌、広島でパスポートの写真を撮るにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。それに、写真館に行くよりも早い。

2つ目の質問は、パスポートの写真を自分で作るにはどうすればいいのか?そして、それがすべての公式要件と一致していることを確認する方法は?心配しないでください:この目的のために、フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー2020やフォトショップの達人になる必要はありません。簡単なガイドに従ってください。

パスポート写真を自分で撮るには?

プロ仕様のカメラは必要ありませんVisafoto.comが自動的に背景を変更してくれるので、真っ白な壁を用意する必要はありません。しかし、モデルとカメラの距離は約1.5~3メートル必要なので、三脚や自撮り棒があると便利です。

自宅でパスポート写真を自分で撮る

これで完成です。手作業はもう必要ありません。Visafotoがあなたの自撮りをプロのパスポート写真に変換します。サイズとフォーマットの調整、背景とコントラストの調整、写真サイズのキロバイト単位の設定を行います。必要なドキュメントのタイプを選択するだけです。Visafotoは、日本国内はもちろん、世界各国のパスポート、身分証明書、ビザ、その他の書類に必要なあらゆるタイプの写真の要件を把握しています。

550円という低価格で、プロ仕様のパスポート用写真が手に入ります。費用には24時間365日のサポートと、万が一写真が受け付けられなかった場合の100%返金が含まれていますが、このようなことが起こることはほとんどありません。

Visafotoではどのような写真が作れますか?

Visafotoは、日本のあらゆる書類や外国の書類の要件を把握しています。

デジタルパスポートの写真を印刷するには?

上記でご紹介した申請のほとんどは、オンラインでの申請が可能ですので、何も印刷する必要はありません。

#stayathome

© 2020 visafoto.com | 写真を作る | 要件 | 連絡先 | 写真家のガイド | サービス利用規約 | 他の言語 | ブログ